• 構想日本の活動

事業仕分け


2017/09/25(月)
平成29年度加古川市公開事業評価 9月30日(土)、10月1日(日)開催

★加古川市の特徴★

1.今回で4年連続の実施。公開事業評価が市職員に定着しており、非常に前向き。資料の完成度の高さは全国の自治体の中でもトップクラス。

2.評価結果について、予算措置や実施内容、方法の見直し等により次年度以降の事業に積極的に反映させており、反映状況についてホームページで公開。
 
3.無作為で選ばれた39名と大学生2名の計41名が「市民評価員」として事業を評価。4年間での「市民評価員」としての参加延べ人数は約180名。

 以上のように、加古川市は事業仕分け実施自治体の中で非常に良いモデルです。自治体職員の方をはじめ、皆様ぜひ傍聴にお越し下さい。お越しになれない方は、インターネット中継も行いますのでぜひご覧ください。

― 開催概要 ―

【対象事業】
 全8コマ9事業

○9月30日(土)
 1.レガッタ普及事業
 2.見土呂フルーツパーク管理運営事業
 3.資源化センター管理運営事業
 4.防災センター管理運営事業

10月1日(日)
 1.公共交通補助事業うち「コミュニティバス路線運行補助金」
 2.福祉タクシー料金助成事業
 3.障碍者(児)医療費助成事業(市)・高齢障害者医療費助成事業(市)
 4.世代間交流学習会事業補助金交付事業

 ※対象事業費総額 約5億2700万円
 (平成29年度一般会計予算841億7000万円)

【議論のし方と参加者】
 構想日本仕分け人チームと説明者(加古川市職員)が議論し、それを聞いたうえで市民評価員が対象事業の評価を行う。
※市民評価員:無作為に抽出した住民1,500人から応募のあった39名、及び市内在住で参加を希望した大学生2名の計41名。

<構想日本外部審議委員チーム>
コーディネーター
 伊藤 伸(構想日本 総括ディレクター)

外部審議委員
・両日とも
 安藤 真(日清食品ホールディングス株式会社 技術開発 部長)
 田端 和彦(兵庫大学・兵庫大学短期大学部 副学長)
・1日目のみ
 大迫 慎太郎(三重県 農林水産部フードイノベーション課、プロモーション促進班 主査)
 松本 小牧(豊明市 健康福祉部高齢者福祉課 課長補佐)
2日目のみ
 香本 なぎさ(Community Nurse Company株式会社 事務局 保健師・看護師 コミュニティナース)
 徳永 眞一(地方独立行政法人 市立大津市民病院 法人事務局 管理監)  
 
【日 時】 9月30日(土)  9:30 ~16:00(予定)
     10月 1日(日)  9:30 ~16:00(予定)
        ※両日とも受付開始は9:15から。

【会 場】 加古川市役所 新館10階 大会議室
      (兵庫県加古川市加古川町北在家2000)
      ※会場に関するお問い合わせは、加古川市行政管理課(電話:079-427-9753)まで 

【入場料】 無料(事前登録不要、途中入退室可、どなたでも傍聴できます。)

【主 催】 加古川市

【協 力】 構想日本

※詳細は加古川市ホームページからご覧いただけます。
※インターネット中継も行います。
 リンク先: 1日目  2日目
 

 お問い合せ:構想日本 伊藤/藤阪  TEL:03-5275-5607、email : shiwake@kosonippon.org



事業仕分け一覧へ戻る