• 構想日本の活動

事業仕分け


2017/09/06(水)
静岡県“ふじのくに” 士民協働 事業レビュー 9月16日(土)、17日(日)開催

★ “ふじのくに” 士民協働 事業レビューの特徴★

1.9年連続の事業仕分け(仕分け回数は全国最多!)。無作為に選んだ県民が評価を行う「判定人方式」の事業仕分けは7年連続の実施。

2.これまで静岡県人口の約1%にあたる3万7千人の県民に案内を送付。その中で約2千人が判定人(県民評価者)として応募。

3.静岡県は従来から若者の参加に力を入れており、今年度は高校生を含む29歳以下の県民評価者が、全体の3割を占める※1(今年度、参加する325名の県民評価者のうち、29歳以下は99名)。


こうした静岡県の取組みは、全国のモデルになるでしょう。ぜひご参加ください。

※1 静岡県は、無作為抽出での応募枠の他に、判定人OB・OG枠と若者枠(20代及び、高校生)を別途設けています。


      ― 開 催 概 要 ―
 
【名 称】   静岡県“ふじのくに”士民協働事業レビュー

【日 時】   1日目:  9月16日(土) 10:15 ~16:20
        2日目: 9月17日(日) 10:15~ 16:20

【会 場】   静岡県庁別館 (静岡市葵区追手町9番6号)
     ※会場ついてのお問い合せは
          静岡県経営管理部職員局行政経営課まで(054-221-2912)

【対 象】   8事業

【共 催】   静岡県、ふじのくにづくり学生研究会、特定非営利活動法人静岡時代

【協 力】   構想日本

【実施体制】  2班体制
         1班(1会場)あたり 
          コーディネーター(構想日本) 1名
          専門委員 5名、県民評価者 70名程度
              
      ☆専門委員は、議論に参加し県民評価者が評価をするための論点を浮き彫りにします。
      ☆県民評価者は、専門委員の議論を聞いたうえで評価を行います(議論には参加しません)。
        県が無作為に5,000名を選び案内を送付し、その中で応募のあった人が評価者となります。


●対象事業(8事業)
▼1日目
 1班:「緊急地震・津波対策等交付金」「学校支援地域本部等推進事業」
 2班:「国内誘客推進事業費」「不妊・不育総合支援事業」
▼2日目
 1班:「地域企業人材確保事業費」「ふじのくにに住みかえる事業費、UIJターン地方就職支援事業費」
 2班:「新規産業立地事業費助成、地域産業立地事業費助成」「地域商業パワーアップ事業費助成」


●構想日本仕分け人チーム
  第1班 
  コーディネーター:伊藤 伸(構想日本) 
  専門委員(1日目):宮崎 稔(学校と地域の融合教育研究会 会長)、小村雄大(会社員、元内閣府参事官)
  専門委員(2日目):浜田敬子(Business Insider Japan統括編集長)、上田博和(一般財団法人 日本政策学校 理事長)

  第2班 
  コーディネーター:熊谷 哲(笹川スポーツ財団主席研究員)
  専門委員(1日目):山中光茂(医師、前松阪市長)、デービッド・アトキンソン(株式会社小西美術工藝社 代表取締役社長)
  専門委員(2日目):丸山 進((株)国際社会経済研究所 特別研究主幹、元経済産業省大臣官房政策評価審議官)、荒井英明(厚木市産業振興部長)


○詳細は以下からご覧いただけます(静岡県ホームページ)。


お問い合せ:構想日本 伊藤/田中/永由  TEL:03-5275-5607、email:shiwake@kosonippon.org



事業仕分け一覧へ戻る