• 構想日本の活動

事業仕分け


2016/09/29(木)
【結果概要】市原市事務事業の総点検

【名  称】  市原市事務事業の総点検

【基礎情報】  人口:279,259人(平成28年9月1日時点)
        面積:368.17 km²  

【日  時】  7月23日(土)9:00~16:30
        7月24日(日)9:00~16:30
        8月6日(土) 9:00~16:30
        8月7日(日) 9:00~16:30

【会  場】  市原市役所議会棟

【主  催】  市原市

【協  力】  構想日本

【実施体制】 4班体制
※1班(1会場)あたり 
 コーディネーター1名(構想日本から派遣) 
 市民点検員5名、点検補助員 1~2名(市内高校生)
※無作為に抽出した住民4,000人から選ばれた127名の市民が、議論に参加し、事業の評価を行う(応募率は3.6%)。
※無作為で抽出された市民が、「仕分け人」として参加するのは、全国初の試み。

構想日本派遣コーディネーター
 コーディネーター:荒井英明(厚木市)、石井聡(逗子市)、石渡秀朗(民間企業)、伊藤伸(構想日本)

【実施概要】
 実施回数:1回目(初)
 対象事業数:104事業
 
【実施結果】
 判定結果:廃止・凍結    7事業
      要改善                75事業
      継続       25事業
※事業を議論するにあたって、複数の事務事業を1つの事業として扱うこともあるため、対象事業数と判定結果の事業数に違いがあります。

※詳細は市原市ホームページでもご覧いただけます。
※参加された市民の感想などは、こちらをご覧ください。

お問い合せ:構想日本 伊藤/谷川
TEL:03-5275-5607、email:shiwake@kosonippon.org



事業仕分け一覧へ戻る