構想日本official blog

香川県三木町の「総合戦略」

 

<三木町の総合戦略の特徴>

  • 子育て世代を中心として全世代がより住みやすい三木町を目指す「いきいきタウン構想」を柱とした総合戦略ビジョンを策定する。
  • 「いきいきタウン構想」は、「まちづくりは人づくり」という町の基本理念の実現のための最重点施策として取り組んできた子育て世代への支援策の集大成。妊娠・出産から子育てまでの必要な施設やサービスを、一つのゾーンに集約することで、これまで以上に住民が安心して子どもを産み育てられる環境作りを行う。

 

<”三木町総合戦略”策定に向けた取組ポイント>

  1. 戦略を作る「プロセス」を重視(全国どこにもないプロセス)
    • 無作為抽出による住民協議会「百眼百考会議」を更に強化して戦略策定の中心と位置付けます。
    • 議論に参加する有識者は県外を中心とした多彩な所属です。
  2. 子育て世代を中心とした全世代がより住みやすい三木町をめざす
    • 総合戦略とともに「まんで願いきいきタウン構想」の策定を行い、子育て世代を中心とした全世代がより住みやすいと感じるための具体的な対策を検討する。総合戦略の柱とし、人口減少・超高齢社会に立ち向かう全国の自治体にとっての「モデルケース」をめざします。

 

<”三木町総合戦略”の策定体制>

報道発表用資料(確定版)_edited

<多彩な外部有識者>

  1. 総合戦略策定委員会(いずれも県外有識者)
    • 立谷 光太郎(株式会社博報堂 執行役員)
    • 塚本 恵(民間企業)
    • 津田 大介(ジャーナリスト/メディアアクティビスト)
    • 中田 華寿子(ライフネット生命保険株式会社 常務取締役)
    • 福嶋 浩彦(中央学院大学教授、前消費者庁長官、元我孫子市長)
  2. まんで願いきいきタウン構想策定委員会(いずれも県外有識者)
    • 岸 紅子(NPO法人ホリスティックビューティ協会 代表理事)
    • 浜田 敬子(株式会社朝日新聞出版 アエラ編集部編集長)
    • 福岡 伸彦(山梨県福祉保健部 参事、医務課長、医師)
  3. 両委員会に参加
    • 伊藤 伸(構想日本ディレクター、県外)
    • 徳田 雅明(香川大学医学部教授、町内)
    • 宮武 伸行(香川大学医学部准教授、町内)

 

<スケジュール>